【違いを調査】トルメランはなぜ固形石鹸?ボディソープとどう違う? | トルメランの口コミ・評判ってどうなの?人気オールインワン美容液石鹸を調査

【違いを調査】トルメランはなぜ固形石鹸?ボディソープとどう違う?

石鹸とボディソープの違い 石鹸コラム
お風呂で体を洗うのは、ボディソープ。

私は子供のころからそういうものだと思っていました。
だって、お風呂にはボディソープが置いてあって、石鹸はなかったですからね。

でも、全身を洗うことができる薬用美容液石鹸「トルメラン」は固形石鹸です。

どうしてトルメランはボディソープではなく、石鹸なのでしょうか?
さらに言えば、石鹸とボディソープってどう違うのでしょうか?


疑問に思ったので、固形石鹸とボディソープの違いについて調べてみましたよ。

ボディソープと石鹸の違いの違いは?トルメランが固形石鹸なのはなぜ?

トルメランはどうして、固形石鹸で作られて、販売されているのでしょうか?

調べてみたら、答えはカンタンでした。
その理由は『固形石鹸のほうが低刺激で肌に優しい』からなんです。

お肌のことを考えた洗浄剤を作るのであれば、トルメランのように、低刺激で肌に優しいとされる固形石鹸で作るのも、ある意味自然なことなのかもしれませんね。

でも、どうして固形石鹸のほうが低刺激で肌に優しいのでしょうか?

その理由は、主に2つの違いからくるんです。
  • 洗う成分が違うから
  • 固形石鹸は泡立てないと使えないから
2つの違いについて、順番に詳しく説明していきますね。

【違いその1】洗う成分が違うから

固形石鹸とボディソープの違い1つ目は洗浄成分、つまり「洗う成分」です。

石鹸の洗浄成分は、界面活性剤(界面活性剤)というものです。
対して、ボディソープは、合成界面活性剤という洗浄成分が使われています。

で、石鹸の洗浄成分であう界面活性剤のほうが低刺激だと言われているんです。

ボディソープって石鹸を溶かしたものかと思っていましたが、洗う成分も違うんですね。
体を洗うために作られた洗剤って考えると良いのかもしれません。

ただし、固形石鹸と同じ界面活性剤を使った液体状の洗浄剤もあります。
そういった洗浄剤は、液体石鹸という呼び名で売られていることが多いですよ。

【違いその2】固形石鹸は泡立てないと使えないから

固形石鹸を使って体を洗う時は、石鹸を水に溶かして泡立てないと使えませんよ。

この「泡立ててないと使えない」というのが、ボディソープとの違い2つ目です。

泡立てて使うから、固形石鹸は使いすぎるということになりにくいんです。

結果として、肌に触れる洗う成分が多すぎる(濃すぎる)ことになりにくいので、刺激が少なく肌に優しい状態で使えるという特徴があります。


一方、ボディソープの場合は液体なので、しっかり泡立てなくても体を洗うのに使えますよね。

急いでいると、大して泡立てずに体に塗り広げてしまうことがあります。

ですが、泡立てて使わないと、洗う成分が濃すぎるんです。
洗う成分が濃すぎると、本来は残しておきたいうるおい成分まで洗い流してしまったり、その結果、肌のバリア機能が低下してしまうことがあるんです。

確実に肌に優しくない行為ですよね。
  • 液体なのか、固形なのか
  • 泡立てないでも使えるかどうか
こういった違いが、洗う成分の濃さに影響し、肌への刺激・やさしさに差が出てしまうんです。

もちろん、ボディソープもしっかり泡立てて使えば、適度な濃さで使うことができますよ。

液体か、固形かで、使い方に違いが出やすく、その結果、肌への刺激、優しさにも差が出やすいという理解をしてください。

固形石鹸とボディソープの違いのまとめ

  • 洗う成分が違うから
  • 固形石鹸は泡立てないと使えないから
ボディソープと、トルメランのような固形石鹸を比較した場合、こうした理由で固形石鹸の低刺激で肌に優しいということをお伝えしました。

だからこそ、トルメランは固形石鹸なんですね。


誤解のないように1つ補足しておくと、このサイト・記事ではボディーソープが良くないということを言っているのではありません。

ボディソープも洗う力が強いとか、保存が衛生的などの利点はあります。

肌への刺激・優しさというポイントで違いを説明したので、固形石鹸のほうが優れているという話になっているという点をご理解ください。


今回の記事が参考になれば幸いです。
タイトルとURLをコピーしました